ホーム > 12. イギリスで生活する > National Insurance Number

12. イギリスで生活する/National Insurance Number

National Insurance Numberをもらいたい

イギリスにてパートやアルバイトでも、基本的にはNational Insurance Numberを取得しなければならない。取得しなくても働いていいという条件の仕事の場合、時給が安いなどデメリットがあるケースがあるみたい。

このNational Insurance NumberはDWP(Department fior Work and Pensionsに登録され管理される。どこでどう働いても、ナンバーを申請すると、個人が年間にいくら収入を得たかわかるって仕組み。個人でバイト的な事をしている場合、「現金がありがたい」というのは収入として計上しなくても良かったりするから、という訳だね。

申請するには、"For these applications you should telephone 0845 600 0643 between 8.00am and 6.00pm, Monday to Friday."という事で、上記に電話をかけて、どこに住んでいるか、何故申請するのかを言えば、後日(2、3日で)インタビューの日程と場所を手紙で連絡してくれる。

インタビューは Jobcentre Plusで行なわれる。職安です。以前、雇用されていない状態で申請したけれど、なんだかナシのつぶてで忘れられてしまった。(3年後くらいに、インタビューのアポイントを取らないの?と手紙が来た)パートで働き始めて、会社からのpayment slipと「働いています」という証明書みたいなのを手に入れ、「雇用されたから」と電話をしたら、即、インタビュー決定。電話してから後日に、面接の日程と時間、場所を書いた手紙が送られてきた。

インタビューの場所は、最寄りのJobcentre Plusとは限らない。私の場合、5駅ほど離れた所だった。インタビューには、

  • identityを証明するもの(パスポート)
  • 住所を証明するもの(運転免許証など。引越で住所変更していなかった ので、電話のbillを持って行ったか、それでOK)
  • 会社からの書類(payment slipと勤務の証明書)

が必要だった。

インタビューで聞かれる事は、何故ナンバーが要るのか、という事。何故イギリスに住み始めたか、も。
それから、イギリスに入国して住み始めてから1ヶ月以上離れた時期、行き先、理由も聞かれる。私の場合、イギリスに入ってから11年目で申請したので、その間に日本に1ヶ月以上滞在したのが5、6回はあり、大変だった。
事前にパスポートを全部調べて、日付を書き出しておいた。じゃないと、時間かかって「改めて来い」なんて言われそう。

夏休みに1ヶ月ほど一時帰国というのは当たり前の様にしていたのだけど、「何故イギリスに戻って来たの?」と、その期間を言うたびに聞かれる。理由が要るらしいんだけど、住んでるのそこだし…
「主人がイギリスで働いていて家族でイギリスに住んでいるから」では首をひねられちゃった。私も、それが理由にならないのも理解できなくて、いやーーなんで?と首をひねっていると、「学校には行ってなかったの?」なんて聞くの。
たまたまカレッジに行ってたりした時だったので、「ああ、そういえばその時は○○カレッジに行ってたかな」なんて話し、結局、どの一時帰国も「カレッジで勉強するため」にイギリスに戻って来た事になってる。

無事にインタビューが終わると、インタビュー時にインタビュワーがコピーしたパスポート全ページにサインする(2冊だったので悲惨)。2、3日でナンバーのお知らせが手紙で届き、それから2週間以内あたりで正式なカードが届く。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP